ネイリストの資格の種類

ネイリストを目指して資格を取得しようと考えているけれど、どんな資格から取ればよいかわからない。
そういった悩みを持っている人をよく目にします。
資格取得にはそれなりの時間と労力を必要としますから、手あたり次第取得すれば良いというものでもありません。
また働きながら、もしくは子育てをしながら勉強しているという人は、
なるべく無駄な時間を割かずに必要な取得だけを取っておきたいという思いを抱くことでしょう。
そこで今回はネイリストを目指す方にぜひ取っておいていただきたい資格に関して詳しい情報をお届けします。

ネイリストの求人にも優遇の資格としてよく記載されているのが
JNECネイリスト技能検定試験とJNAジェルネイル技能検定試験と呼ばれている資格試験です。
どちらも日本のネイルアート業界を支えている団体が主となって設置しているものであり、
これを取得していることがネイリストとしてのステータスを表しています。
JNECネイリスト技能検定試験の特徴は、ネイルアートに関する広範な知識や技術を問う資格試験になります。
試験内容としては知識を問うペーパー試験のみならず、試験官の前で質疑を行うといった実技試験も実施されています。
3級から1級まで用意されており、数字が小さくなるほど試験の難度も上がります。
いきなり1級を受験するということは出来ず、3級から順番に取得していくことになるのでご注意ください。

ネイリストとして働くのであれば、最低でも2級までは取得しておきたいところです。
3級は比較的簡単で、趣味としてネイルアートをする方でも突破出来ることがあります。
しかし2級や1級は本格的な技能及び知識を問われることになるので、
ネイリストとしての技術や知識を身に着けているか判断する材料になるのです。

もう1つのJNAジェルネイル技能検定試験は、ネイルアートにおいて確固たる地位を築いている
ジェルネイルに関する知識や技能を問う試験となっています。
ジェルネイルは素人の方でも自分の手に施すことが出来ますが、ネイリストはそこから数段高い技術を必要とされます。

そこでJNAはプロと呼ぶに値するジェルネイルの技能を持っているか、
この試験で測ろうという意図をもって資格試験が設置されたのです。
こちらも3段階のレベルに分かれており、上級はプロのネイリストでも合格するのが難しいといわれています。
ネイリスト求人から就職を目指すのであれば、中級の試験を突破しておくことをおすしまします。
ネイリストを目指す方は、ご紹介した2つの資格を持っておくと就職の際に自分の技術や知識を目に見える形で証明することが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA